口臭に悩む男性女性の為のサイト

口臭豆知識

糖尿病になると口臭や体臭が臭くなる噂は本当なのか?臭いの原因と合併症。

投稿日:2018年9月7日 更新日:

Pocket

糖の測定

口臭や体臭は口や体の汚れから発生するものだけではありません。食生活やストレスなど、様々な要因で臭いが発生します。人によっては何らかの病気にかかったときに急に口臭や体臭がキツくなったという話もあります。

今回の記事は【糖尿病と口臭・体臭】についてです。糖尿病の方は独特の臭いがあるとよく言われていますが、あの話は本当なのでしょうか?

 

糖尿病ってどんな病気?

名前は知ってるけど、そもそもどんな病気なの?と思っている方は意外と多いかと思われます。口臭・体臭との関係について書く前に、まずは糖尿病について理解しておきましょう。

血糖とインスリン

糖質私たち人間が生命活動を維持するのに必要な栄養素は主に食べ物で摂取しています。車にガソリンが必要なように人間にも体を動かすための燃料が必要という訳です。

数ある栄養素の中でも最も大切なものの一つである【糖質】は主に炭水化物に多く含まれており、殆どの方は主食として摂取していると思います。糖質は体内で消化されると【ブドウ糖(グルコース)】となり、血中内に入った後に全身の細胞に取り込まれエネルギーとして利用されます。血中にあるブドウ糖を【血糖】といい、よく耳にする血糖値はこれらの量を数値化したものになります。

炭水化物を摂れば摂るほど血糖値は高くなり、逆に運動で体内の糖をエネルギーとして消費すると血糖値は低くなります。しかしその値はある程度一定の値に保たれるものであり、極端に高くなったり低くなったりする事はありません。そのように血糖値を調整してくれる主な物質が【インスリン】です。

インスリンは膵臓で作られており、食事で増加した血糖を上手く活用し、処理する働きがあります。身体に必要な量の血糖はそのままに、余った血糖を貯蔵したり、タンパク質の合成や細胞の増殖に使用するように促しているのです。

インスリンの異常が糖尿病を招く

問題があるインスリンの分泌量が少なくなったり、分泌されていても働きが不十分だと糖尿病を発症してしまいます。処理されていたはずの糖質が血中内に多く残ることになりますので、血糖値はぐんぐん上がります。

糖尿病は大きく分けて2種類あり、1型糖尿病2型糖尿病に分かれます。1型糖尿病は何らかの原因により膵臓で作られるインスリンが突如作られなくなったり、極端に少なくなってしまうものです。

日本の糖尿病患者の90%異常は2型糖尿病で、1型糖尿病と比べると生活習慣の悪化等の環境的要因が多く、常日頃の不摂生が招く場合が多いことが特徴です。

糖尿病の症状

糖尿病は初期段階では自覚症状が少ないのですが、以下のようなサインが身体から発せられたら糖尿病の可能性があります。

疲労感

インスリンが減少しているのでブドウ糖を上手くエネルギーに変えることが出来ず、疲れやすくなります。脳へのエネルギー供給も少なくなるのでやる気が出なかったり、イライラしたりするもの特徴です。

体重の増加

処理されていたかずのブドウ糖がどんどん溜まる事で、余分な糖が脂肪細胞に取り込まれ肥満に繋がります。肥満になると更にインスリンの分泌が少なくなるので症状は悪化してしまいます。

できもの・いぼ・手足のむくみ

血行が悪くなり、できものいぼが出来る場合があります。神経にも影響し、むくみしびれが起こる場合もあります。

多飲多尿

糖尿病の代表的なサインです。慢性的に喉が渇き、やたらと水分を欲するようになります。それに伴い、尿の量や回数が増え常に脱水症状の状態になってしまいます。

関連記事ドライマウスが口臭の原因になっている!?喉が渇いているだけと思っていたら大間違い!!

 

糖尿病と口臭・体臭の関係性は?

糖尿病のメカニズムが分かったところで、本題の口臭や体臭との関係性について書いていきます。

糖尿病になると口臭・体臭の悪化につながるというのは紛れもなく事実です。それには2つの理由が考えられます。

アセトン臭(ケトン臭)が原因

アセトン糖尿病の方の臭いは『甘ったるい臭い』『甘酸っぱい臭い』と言われていますが、それらの臭いは体内で【アセトン】という物質が生成されていることが原因です。

インスリンの異常により、糖からエネルギーが上手く作れなくなった場合、人間の身体はどうにかして代わりの物質からエネルギーを作ろうとします。その際に代用されるのが脂肪です。

脂肪がエネルギー源にされた際に発生される物質がアセトンと呼ばれるケトン体の一種で、その臭いは甘酸っぱいものとされています。

糖尿病でなくても、糖質制限ダイエットをしている時などにも同様にアセトンが生産されていますので同じような臭いが口や身体から発生していることになります。

関連記事糖質制限することによって発生する臭い。ケトン臭とは

関連記事ダイエット中の人は要注意!!空腹時に口臭がするメカニズム。

歯周病が原因

歯周病以前から糖尿病と歯周病の関係はたびたび話題になっていました。『糖尿病になると歯周病のリスクが高い』『糖尿病患者は歯周病が進行しているケースが多い』など、一見あまり関係の無いような両者は、実は非常に密接していると予想されていました。

糖尿病の症状の差はあれど、実際に糖尿病患者の方はそうでない方と比べ2倍以上の歯周病のリスクが高いという結果は出ています。歯周病の症状の一つである歯周ポケット(歯と歯の隙間、歯と歯茎の隙間)も糖尿病患者に多くみられる傾向にもあります。

このように糖尿病と歯周病には因果関係があるとされていますが、実際のところ、どちらが先行していることで合併症として発症しているのかは未だはっきりしていません。しかし糖尿病の症状である『脱水症状』や『肥満』『血糖過多』は口臭の発生原因である『唾液の減少』『細菌の増加』を招くことになるので少なからず関係性はあると思います。

 

糖尿病と口臭・体臭まとめ

実際に糖尿病患者の方のお悩みの中に【臭いについて】の相談が非常に多いことから、この噂の信ぴょう性を裏付けていることになると思います。この記事で紹介したようなアセトンや歯周病が全ての糖尿病患者に当てはまるかどうかは分かりませんが、参考にしてもらえれば幸いです。

-口臭豆知識
-

Copyright© クチノニオイ  , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.