口臭に悩む男性女性の為のサイト

口臭豆知識 食べ物や飲み物による口臭

ヨーグルトの口臭予防効果の真偽!!食べると口臭が消えた!?真似して口臭がキツくなる場合もあるんです!!

投稿日:2018年8月22日 更新日:

Pocket

ヨーグルト

美容と健康に効果のあるヨーグルトですが、口臭にも効果があるという声もあるようです。

しかしその反面、全く効果が無いとか、逆に口臭がキツくなったという声も同じぐらい多いのは何故なんでしょう?

この記事ではヨーグルトのもつ口臭予防効果、また逆にヨーグルトで口臭が悪化する原因を解説していきたいと思います。

果たしてヨーグルトは口臭に効くのか?効かないのか?気になる方は最後まで読んでいってくださいね♪

 

ヨーグルトで口臭予防になる理由

ヨーグルトと聞くと真っ先に思い浮かぶのが【便秘に効く】とか【お腹の調子を整える】など、腸内環境を良くしてくれる内容だと思います。これらの効果はヨーグルトに含まれる『乳酸菌』の働きによるものです。

乳酸菌には大きく分けて3つの体に良い効果があると言われています。

免疫効果の向上

乳酸菌は免疫力を高め、丈夫な身体作りを手助けしてくれる働きがあります。体内に入った有害な物質を素早く感知し、排除する力が向上するので風邪やアトピーなどになりにくい効果があります。

脳腸相関の向上

脳と腸は非常に深く結びついていると言われています。消化器官の情報は自律神経やホルモンなどで脳に伝わり、腹痛や腹部の違和感があると、鬱状態や不安な状態になるとされています。脳の状態は同じく腸内にも伝わり、更に消化器官の異常をもたらしてしまいます。ストレスや緊張で腹痛やお腹を下すことがあるのは過敏性腸症候群というのもこれらの関係によるものだと考えられており、乳酸菌で腸内環境を整えることでストレスや不眠症にも効果があるとされています。

関連記事悩みが多い...ストレスで口が匂ってくる事もあるんです。

細菌の繁殖を抑え、悪玉菌を減らして善玉菌を増やす

バランス乳酸菌は体内にある善玉菌や悪玉菌などのバランスを整える働きがあります。人間の体内には善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3種類の菌があり、それら菌の数によって身体に良い効果や悪い効果を与えます。日和見菌というのは身体に対し良い影響も悪い影響も与えない菌ですが、善玉菌と悪玉菌で数が多いほうの味方をするという特徴があります。実は体内の菌の内、一番多いのが日和見菌で、全体の70%を占めています。つまり少しでも悪玉菌が善玉菌の数を上回った場合、多くの日和見菌が悪玉菌側についてしまうのです。

参考記事口臭を治すには善玉菌を増やして悪玉菌を減らせばいい

悪玉菌が増えてしまうと身体のいたるところに悪い影響が出てしまいます。

胃や腸であれば消化不良や便秘を引き起こしやすくなり、胃に残った食べ物から発生する『腐敗臭』や腸内に溜まった便による『便臭』を引き起こします。

口腔内にも非常に多くの菌が存在しており、悪玉菌が増えた影響で嫌気性細菌の活動が活発化し『舌苔』や『歯周病』を招きます。

乳酸菌を摂取し善玉菌が増えることで、これら悪玉菌の影響を無くし、体内から発生する口臭原因を予防することが可能です。

関連記事口からおならみたいな匂いがする!?疑うべき原因とは?

関連記事口からぬか漬けのような匂いがする...日本人に多いその理由とは?

 

ヨーグルトで口臭がキツくなる原因

上記のように高い効果を発揮するヨーグルトですが、逆に口臭が悪化したという声も聞こえてきます。

その原因は恐らく、ヨーグルトに含まれる【タンパク質】によるものだと考えられます。

タンパク質が口腔内の細菌を増やす

タンパク質が多いヨーグルトや牛乳、チーズ等の乳製品には非常に多くのタンパク質が含まれており、その成分は口臭の原因である口の中の嫌気性細菌の大好物なんです。嫌気性細菌はタンパク質を分解し増殖します、その際に発生するVSC(揮発性硫黄化合物)と呼ばれるガスが呼気に混じり悪臭を放ちます。

また、口腔内の細菌が増えると、舌の上で白く残る『舌苔』の生成にも影響しています。舌苔は細菌やその死骸、タンパク質の塊であり、口臭が強い人の多くはこの舌苔が多い傾向にあります。

関連記事口臭の原因が分からない!!色々な原因をまとめてみた。

食べ過ぎてはダメ!!コレステロールも口臭の原因に!!

乳酸菌が多く含まれているヨーグルトですが、動物性脂肪も多く食べ過ぎるとコレステロール値があがり、かえって悪玉菌が増殖してしまう可能性があります。

更にヨーグルトなら何でもかんでも食べればいいという訳でもありません。ヨーグルトに含まれる乳酸菌には【動物性乳酸菌】と【植物性乳酸菌】があり、それぞれに特徴があります。

端的にいうと、【生きて腸内に届きやすい】のは植物性乳酸菌です。

せっかく摂取した乳酸菌もそのほとんどは胃酸によって消化・分解されてしまい腸に届くのはごくわずかです。仮に市販に売られている通常のヨーグルトだけで乳酸菌を補おうとすると、1日100個~200個は食べないといけないと言われています。

 

ヨーグルトで口臭予防効果はある?無い?

正しいのか正しくないのかここまでヨーグルトと口臭の関係性について色々と書いてきましたが、

結局のところ、ヨーグルトで口臭は予防できるのか?

この質問ではっきりYES or NOで答えるのは非常に難しいです...。

と、いうのもその人の体質や体調によるものや、現在発生している口臭原因によっておススメ出来る出来ないがはっきり分かれます。

しかしながら、ヨーグルトの口臭予防効果は確かに存在し、非常に高いものでもあります。ヨーグルトのみに頼るのではなく、手助けのつもりで意識的に摂取するのは推奨できます。

口臭予防効果を期待してヨーグルトを購入する際のポイントは

・砂糖などの添加物が含まれていない

・生きて腸に届く乳酸菌が多く含まれている

点です。食べ過ぎに注意しながら色々なアレンジを加えて食べてみてはいかがでしょうか♪

関連記事はちみつで口臭や虫歯が無くなる!?はちみつの意外な効果

関連記事果物は口臭に効果があるのか?口臭予防になる果物まとめ。

-口臭豆知識, 食べ物や飲み物による口臭
-

Copyright© クチノニオイ  , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.