口臭に悩む男性女性の為のサイト

口臭予防

良質の唾液で口臭対策。唾液の質・量を高めて臭わない人を目指そう!!

投稿日:2018年8月17日 更新日:

Pocket

解決法を探す

口臭の発生を防ぐのに【唾液】の存在があります。唾液は体内で作れる『口臭予防薬』のようなもの。お金をかけてサプリメントや口臭対策グッズに頼らなくても、良質の唾液がしっかり分泌されていれば口臭の発生は十分抑える事が可能です。

しかし、唾液の量や質は人によってまちまち。あなたの唾液は健康なのでしょうか?

 

口臭予防にはまず唾液から

あまり良いイメージが無い唾液ですが、実は身体にとってもの凄く大事なものなんです。

食べ物を飲み込むのを助けたり、虫歯の予防口臭の予防などの役割があります。

唾液による虫歯予防

虫歯虫歯の原因は口腔内で発生する虫歯菌の存在です。ミュータンス菌が代表的だと思いますが、それらの菌は歯や歯茎に付着し、食べかす等を分解する時にを発生させます。この酸が歯のエナメル質を溶かしたり、歯茎を攻撃して炎症させたりと色々な悪さをしてしまうのです。

これら虫歯菌の悪さを防ぐのが唾液です。十分な量の唾液が分泌されていると、目に見えない菌も洗い流してくれます。そしてもう一つ重要なのが唾液の持つ『再石灰化作用』です。

虫歯菌によって溶かされた歯のエナメル質は唾液に含まれるカルシウムやリンによって再度形成されるのです。実際のところ、虫歯の初期段階では自覚症状がないまま、唾液の持つ再石灰化作用で修復されていきます。

唾液による口臭予防

口の中の嫌な臭い虫歯が口臭の原因となっている場合も多くありますが、ここでは生理口臭にスポットを当てて書いています。

人間の口の中には非常に多くの細菌が存在しており、その数は健全な人でも数千億個とも言われています。それら細菌が増殖し、口内環境を悪化させたり、嫌気性細菌の活動が活発になったときに口臭に変化が起こります。悪性の細菌が食べかす等を分解する時に発生するガスが呼気と混じり排出されることで嫌な口臭となるのです。

虫歯菌同様、これら細菌も唾液によって洗い流してくれます。

 

唾液の質・量が重要なんです!!

上記のような唾液の効果も、その質と量が十分でないと上手く発揮してくれません。ではどのような唾液が良い唾液なんでしょうか?

唾液の【質】

質を高めるまず唾液の【】についてですが、良質の唾液には多くの酵素が含まれています。既述のカルシウムやリンを始め、殺菌効果のあるリゾチームなど、多くの成分が含まれているのです。

また良質の唾液には酸素も多く含まれています。酸素がたっぷり含まれた唾液は嫌気性細菌の活動を抑えてくれる働きがあります。嫌気性細菌は文字通り、空気が多い環境を嫌います。逆に空気が少ない環境は細菌にとって暮らしやすい環境ともいえるでしょう。

唾液は俗にネバネバ唾液サラサラ唾液の2種類あると言われています。良質の唾液というのは後者のサラサラ唾液です。サラサラの唾液は酸素や酵素が多く含まれているので菌にとって非常に効果的です。また、水に近いほどの粘度だと歯の隙間や細部にまで届きやすく、虫歯になりやすい歯間部や歯根の再石灰化も促してくれます。

唾液の【量】

水分量唾液の質が十分でも唾液の【】が少ないと効果は十分発揮されません。唾液の量は健康な人で1日1.5ℓ程度分泌されます。

分泌量は1日の中で変化しますが、リラックス状態や食後などには多く分泌されるものになります。逆に少なくなるのが睡眠中です。口臭が最も強いとされている起床時(モーニングブレス)は唾液の量が十分でない為、口内の細菌が活発に活動しています。

寝る前の歯磨きが重要なのは細菌の温床となっている歯垢(プラーク)を取り除くことで、睡眠時の細菌の数を減らすことに繋がるからです。それでもどんどん増える細菌を起床時の歯磨きでしっかり取り除くことが口臭の予防になります。

 

唾液の質・量を高めるには

同じように歯磨きをしている人でも虫歯になりやすい人・なりにくい人がいるのには質の良い唾液の分泌量が大きく関係していると思われます。

唾液の質・量ともに良い状態なのが理想的ですが、質に関していえば、日々の生活習慣を見直すことが必要不可欠になります。食生活や嗜好品(酒・タバコ等)の抑制など挙げればキリがありません。一方、量に関しては比較的簡単に取り組める方法がいくつかあります。

唾液の量を増やす一番のポイントはやはり水分摂取です。唾液も水分ですので、体にある水分量が減少していると分泌量は低下します。他にも口呼吸の改善やストレス緩和など多くの方法がありますので、詳しくは下記リンクの関連記事を参考にしてみて下さい。

関連記事唾液の知られざる口臭予防能力!!

関連記事舌の位置で口臭対策!!唾液をたくさん出せば匂いはしないんです!!

 

日本人はもっと口臭ケアを意識しよう

世界各国の人々健康な人でも1日のうち幾度かは口臭がキツくなる事が普通です。発汗などによる水分の減少で唾液の量が減少したり、食べたものの匂いが呼気に混じったりと、1日中口臭を無くすことは不可能に近いです。

日本を含むアジア圏の方の生理口臭は欧米諸国の方からすると非常に悪臭なんです。というのも、欧米の方々における口臭ケアはいわば当たり前の事で、『口臭がする』というのは大変恥ずかしいものという意識が強いのです。人と話す距離が近かったり、キスやハグなどのスキンシップが一般的な人種の方々からすると、日本人は口が臭い人種と思うのも当然かもしれません。

だからといって、安易にサプリメントなどに頼るのではなく、一度自分自身の持つ口臭予防力を高める意識を持つことが大事だと思います。歯磨きや食生活など、日々の行動一つで自然と唾液の力を高め、口臭が極力発生しない人を目指しましょう。

-口臭予防
-

Copyright© クチノニオイ  , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.