口臭に悩む男性女性の為のサイト

口臭の原因

口の中にある臭いの原因、濃栓(臭い玉)の見つけ方

投稿日:2018年8月15日 更新日:

Pocket

原因を調べる

口臭の匂いの元、【濃栓】はご存知ですか?

別名【臭い玉】と呼ばれる濃栓、今やネットなどでも多く情報が存在していますが、中には知らない人もいると思います。歯磨きや口臭ケアグッズも使用しているのに嫌~な匂いが口から発生する人は濃栓が原因なのかもしれません。

 

濃栓(臭い玉)とは

口を開けている濃栓は扁桃腺のあたりに出来ます。その正体は細菌や白血球の死骸で、大きさは人によって様々、というよりたまたま取れたりするものでもあるので、1mm程度のものもあれば、ピーナッツほどまで溜まっている人もいます。正式名称は【扁桃栓子】というらしいのですが、石灰化して固くなると【扁桃結石】ともいいます。

扁桃腺は外部から体内へ侵入してきた異物、つまりウイルスや細菌を防御することが目的で、特に7歳程度までは体の防御機能の多くを扁桃腺によるもので対処しています。成長するにつれ、それまで扁桃腺に頼っていた防御機能を体中のリンパ等に依存していくようになる為、中学生ぐらいからはそこまで必要のない器官でもあるという見解もあります。

とはいっても、大人でも扁桃腺が腫れることもありますから十分防御機能の役割はあるんだと私自身は思います。

少し脱線しましたが、実際、濃栓は誰にでもあるもののようです。濃栓による臭いはあくまでも扁桃腺内部から口腔内に出てきたときに発生しますので、人によっては一生縁が無い人もいるようです。

私自身、濃栓はまだ見つかっていませんが、友人に一人に濃栓が取れた方がいます。冬場に風邪をひき、高熱でうなされていた時に扁桃腺あたりに違和感があり、咳を幾度となくしていた際に、口から白っぽい乳白色の物体が飛び出てきたとの事です。その時は匂う余裕もなく放ったらかしだったそうですが、風邪が治った後も咳やくしゃみの際にしばらく取れていたようで、ふと臭いを嗅いだらとてつもない激臭がしたとの事。

友人曰く、腐ったザリガニのような臭いとのことなので、これが扁桃腺から顔を出した状態だと想像するとどんな口臭になるか...

濃栓は冬場の乾燥した時期や、塵や埃っぽい場所に長くいると形成されやすくなります。タバコも濃栓が出来る原因にもなっているとの事なので注意が必要です。

 

濃栓の見つけ方

互いに顔を見合わせている扁桃腺にあるという事はどうにか自力で手が届く場所にあるように見えますが、実際見つけるのはなかなか困難です。

明らかに濃栓臭がする!!という方は白い物体が見えていますので見つけるのは容易かもしれませんが、ほとんどの方は小さく見つけずらいものになります。

扁桃腺には見た目には分かりませんが無数の穴があります。そこを指でムニュッと押してみて下さい。その際に白っぽいものが顔を出したなら、あなたはめでたく濃栓臭が発生する可能性があります。

しかし、実際そこまですんなり見つけれる人は少ないのが現状です。濃栓臭に悩んでどうにか発見しようとしても見つからず、色々なサプリメントに手を出し、効果が得られないというのが口臭に悩んでいる方の代表的なサイクルになります。

植物の根なぜなかなか見つからないのに濃栓臭がするのか、それは濃栓の出来る扁桃腺の構造にあります。

濃栓が発生する扁桃腺のくぼみは、植物の根のような形状をしており、刺激を加える角度が正確でないと上手く扁桃腺から顔を出してくれないのです。

たまたま上手く濃栓が出てきたとしても、その穴の枝分かれした部分には濃栓がぎっしり詰まっており、またすぐに濃栓臭が発生なんて事もよくある話です。

実際、濃栓の発見の多くはくしゃみや咳、うがい等、不特定かつ様々な角度からの圧力により体外へ排出されるパターンが最も多く、自ら取ろうと思っても上手くいきません。

でもやっぱりどうにか取りたいですよね?

濃栓の自力での取り方はネットにもたくさんあります。しかし簡単な道具を使って取れた方もいれば、危険な取り方で出血してしまい断念した方もいます。

それらの方法を一気に試してみて、どれが効果的だったのか、また別の記事で紹介していこうと思いますのでもう少々お待ちください♪

-口臭の原因
-,

Copyright© クチノニオイ  , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.