口臭に悩む男性女性の為のサイト

匂いの種類

獣臭い口臭ってどんな臭い?原因と対策まとめ。

投稿日:2018年7月26日 更新日:

Pocket

獣 動物

口臭の匂いの種類はたくさんありますが、その中の一つに『獣臭い口臭』というものがあります。

あるある!!と思いの方もいれば、どういうニオイ?と思う人もいるかもしれません。今回の記事では『獣臭い口臭』の匂いの原因、そして解決方をまとめていこうと思います。

 

獣臭い口臭ってどんな匂い?

前置きとして、ニオイの表現は人それぞれです。何かが腐ったような臭いである腐敗臭も、人によってはドブ川の臭いと表現する方もいらっしゃいます。獣臭い口臭というのも相手によっては『腐った油』『犬みたい』『羊の皮被ってる?』など言われることもあるみたいです。あまりピンと来ない方は動物園に行った時の事を思い出して下さい。園に入った瞬間、特に肉食動物のケージに行くと独特の臭いがすると思います。

動物から臭ってくる分には負担には感じないかもしれませんが、あの臭いが人の口から放たれていても『トラみたいでカッコいい!!』とはなりませんよね。

口臭や体臭の種類は感じる人によっては不快ではなく、心地よい匂いに感じる人も少なくはありません。人によっては汗臭い匂いや加齢臭が好きな人もいます。

しかし『獣臭い口臭』に関していえば、好きといえる人はまずいないでしょう。(万が一いたらすみません...)

 

獣臭い口臭の発生原因は?

様々な内臓口臭の発生原因のほとんどは口腔内環境にありますが、獣臭い口臭に関していえば内臓の不調である場合が大半です。内臓の不調の進行具合は本人の自覚症状が無い場合が多く、改善方向に向かうのが遅い傾向にあります。

口臭に大きく関わる内臓は、そして肝臓です。生活習慣が悪く、食事も偏ったものばかりになるとこれらの臓器は正常な機能を保てなくなります。現代人の食生活は意識をしていないとどうしても偏ったものになりがちです。先ほどの動物園を例に出してみると、肉食動物の方が草食動物より臭いことがわかると思います。

フェレットは臭い余談ですが私は以前、フェレットを飼っていました。散歩などの手間があまりかからないペットが欲しかったので、ウサギと悩んでいたのですが、見た目の可愛さからフェレットに決めました。飼ってみてから気づいたのですが、フェレットの糞はべたついていて更にとてつもなく臭いんです!!ウサギのように臭いの少ないコロコロウンチを想像していたので、あまりにも驚愕でした。調べてみると、やはりフェレットも肉食動物で、繊維質よりタンパク質を好んで食べるとの事でした。

このように食事は動物自体の臭いだけではなく糞尿にも大きく影響します。

内臓の正常に働かすには食生活を見直すことが重要です。獣臭い口臭に悩まれている方は自分の食生活が肉中心になっていないか確認してみましょう。

関連記事口臭を招く内臓一覧。口腔内以外の口臭発生要因を解説します。

 

獣臭い口臭を改善させる食生活とは

食生活を改善といっても、肉や魚を減らせばいいというわけではありません。改善の仕方を間違うと体調の悪化を招き、口臭も治らず悪循環に陥りますのでしっかり理解してから行いましょう。

タンパク質のバランス

人間の体は60%~70%が水分ですが、次に多いのは【タンパク質】で、15%~20%の割合を占めています。筋肉や皮膚、内臓などもタンパク質を基に形成されており、私たちが健康に生活していくには欠かせないものになります。

タンパク質は大きく分けると【動物性タンパク質】と【植物性タンパク質】に分かれます。

動物性タンパク質

肉は動物性タンパク質を多く含む肉や魚など、動物から摂ることが出来るタンパク質です。肉や魚以外でも牛乳や卵、チーズなどもこれにあたります。動物性タンパク質は【必須アミノ酸】を含んでいます。いくつかのアミノ酸は人間の体内で生成できるのに対し、必須アミノ酸といわれる9つのアミノ酸は人間が自己で作り出すことが出来ないものになりますので食事での摂取が重要になります。動物性タンパク質を多く摂ることは筋肉の修復や、免疫力の改善などの効果に期待できます。しかし過剰に摂取するとカロリーオーバーによる肥満を招くことになり、内臓への負担にもなります。

植物性タンパク質

植物性タンパク質植物性タンパク質は文字通り、植物から摂ることの出来るタンパク質です。大豆や小麦などがあり、エネルギーを効率よく生産し活用することが特徴です。植物性タンパク質だけでは必須アミノ酸の全てを補うことは出来ませんが、肉や魚などとは違い、脂質が少ないのでダイエット中でも満足感を得ることが出来ます。

大豆や小麦以外にも、トウモロコシ・アスパラガス・ブロッコリー・枝豆などがあります。

タンパク質はバランスよく摂取しよう

動物性タンパク質を摂り過ぎると肥満により内臓へ負担がかかり、植物性タンパク質だけでは必須アミノ酸の欠如により体調悪化を招きます。要するに2つのタンパク質をバランスよく摂取する必要があるのです。

 

野菜や果物を積極的に摂ろう

色とりどりの野菜や果物当然、野菜や果物の摂取も重要なものになります。

野菜や果物は食物繊維を多く含んでおりますので腸内環境を整え、口臭の発生を抑えることにつながります。加えて、多くのビタミンやミネラルも含んでいますので肌荒れや便秘にも効果があります。

繊維質の野菜や果物は摂取する際に噛む回数が多いのも特徴です。咀嚼の回数が増えると唾液線も刺激され、口腔内を清潔に保つことが出来ますので、野菜を食べることは多くのメリットを生むことになります。

関連記事野菜で口臭が治る?野菜の持つ口臭対策効果

関連記事舌の位置で口臭対策!!唾液をたくさん出せば匂いはしないんです!!

 

まとめ

獣臭い口臭は主に体の内側の問題から生じるものですので、改善を試みてもすぐに効果が表れにくいものになります。食生活以外にも、ストレスや睡眠不足、運動不足でも内臓には負担となりますので、頑張って地道に続けていきましょう。

また、獣臭い口臭=内臓の不調と決めつけ、口腔内のケアを怠っていては別の口臭原因を生み出す要因にもなりますので、生活習慣の改善と同時に口腔内にもしっかり気を使っていきましょう。

-匂いの種類
-

Copyright© クチノニオイ  , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.