口臭に悩む男性女性の為のサイト

口臭の原因

歯石は口臭の原因No1!!放っておいて得は無し!!歯石の悪影響と歯石除去の種類。

投稿日:2018年6月28日 更新日:

Pocket

歯石には要注意皆さんは歯磨きにどれだけの時間をかけていますか?

歯磨きは口臭予防の基本中の基本。食べかすや歯垢などをきれいに除去しておかないと、虫歯歯周病にもなってしまいます。そこまでいくと口から悪臭がしてしまう明確な原因もはっきりするのですが、その一歩手前の段階でも十分口臭は発生します。

口臭の原因で一番多いのは口腔内の環境によるものです。歯磨きしても口臭がする、という方は歯石がたっぷり出来ているのかもしれません。

 

歯石と歯垢の違い

歯石と歯垢は同じものと解釈している方が多いですが、その2つは似て非なるものです。両方とも口臭や虫歯、歯周病の原因になる点は同じなのですが、歯垢は誰にでも発生し除去もしやすいので厄介度でいえば歯石が大きく上回ります。

歯垢とは

細菌歯垢とは別名プラークとも呼ばれ、細菌の塊のようなものです。食べかすなどが唾液と混じり合い、歯の表面についた付着物を栄養にどんどん増殖していきます。プラークは1mgに10億個以上もの細菌が存在しており、放っておくと歯や歯ぐきに重大な悪影響を及ぼしてしまいます。

歯垢の元になる細菌は食べかす等を分解する際に酸を発生させ、歯のエナメル質を溶かしてしまいます。溶かされた歯が微量の場合は唾液によって修復されるのですが、長い間歯垢が付着していると最悪の場合歯に穴が空いてしまい元に戻らなくなってしまいます。これがいわゆる『虫歯』の症状となります。

また、細菌の中には毒素を発生させるものもあり、歯茎を攻撃します。攻撃された歯茎は出血や腫れを伴い、最悪の場合、歯を支えている部分にまで影響し、歯が取れてしまいます。この症状は成人の約80%がかかっているとされている『歯周病』というものです。

歯垢は食後4~8時間の間に発生すると言われており、歯磨きで除去が可能です。毎食後の歯磨きがいかに大事かが分かりますね。

歯石とは

長い年月で形成された石歯石は簡単にいうと、歯垢が長時間放置され石灰化したものです。唾液に含まれるミネラルやカルシウムと歯垢が結合して、歯石になります。

歯垢との大きな違いは、自分ではほぼ除去できない点です。

歯石は歯に強く付着しているのに加えて、普段の歯磨きが疎かになっている部分に発生してしまうので、歯医者に行って専用の器具を用いないと除去できません。

歯磨き不足で残った歯垢は、約2日間ほどで歯石に変わってしまいます。歯と歯の間や、歯と歯茎の間に特に発生しやすく、表面に凹凸がある為、歯石の上から更に歯垢が上塗りされてしまい症状がどんどん悪化していきます。

 

歯石によって口臭がする原因

歯垢や歯石が歯や歯ぐきに悪影響なのは分かりました。それらがどのように口臭に繋がるのかを記載していこうと思います。

細菌によるガス

歯垢や歯石の元となる細菌はVSC(揮発性硫黄化合物)を発生させます。VSCには、卵が腐ったような匂いの『硫化水素』や、野菜の腐ったような匂いの『メチルメルカプタン』、生ごみのような匂いの『ジメチルサルファイド』などがあり、それらが混じり合って悪臭を発生させます。

歯茎からの出血による口臭

細菌によって歯茎から出血を伴った場合、血生臭い口臭になることがあります。出血の量はそれ程多くない為、自分では気づきにくいのですが、口の中が少し血生臭いと感じるようであれば、歯周病の可能性が大いにあると考えられます。

膿による口臭

細菌の集まりである歯石は、体には不必要なものです。人体は人間の体に不必要な異物は排除する働きがあります。

異物を排除するために白血球などの免疫物質が細菌と闘ってくれますが、その影響で腫れや、膿を発生させてしまうのです。歯石本来の匂いだけでなく、歯茎に溜まる膿によっても口臭は発生してしまいます。

 

歯石を自分で除去するのは無理!!

不可能歯石は放置すればするほど症状はどんどん悪化しますので、出来るだけ早く除去をおススメします。

しかし、歯石を自分で除去するのはほぼ不可能です。歯石は歯に強くこびり付いていますので、無暗に取ろうとすると歯や歯茎を傷つけてしまいます。更に歯石をただ取るだけでは効果が薄く、歯石を取った後の歯のケアが最も重要なのです。歯石が出来ていた歯の表面は細菌によってデコボコな状態、歯石を取ったとしてもすぐに歯垢が溜まりやすい環境のままです。歯医者などで行う歯石除去は、歯石を除去した後に歯を磨いてくれる事までがセットになっています。

 

歯医者で歯石除去をしてみよう

歯石除去を行うにはやはり歯医者に行くのが一番です。歯医者で行うクリーニングは保険診療と自由診療があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

保険診療

一般的な歯科であれば歯石除去は保険適応されるものになります。費用も安く、治療時間も短いものが多いのが特徴ですが、対象者に制限があり、保険適応されるかどうかの判断は歯科医師に委ねられているので事前に相談しましょう。

保険診療のメリット

・費用が安い 【2,000円~3,500円ほど】

・治療時間が短い 【15分程度】

保険診療のデメリット

・対象者制限がある 【厚生労働省の規約に則る必要性あり】

・保険内容により、一度に全ての歯を治療できない 【通院回数が増える】

自由診療

保険適応外の治療です。対象者や治療内容に制限が無く、歯科医ごとに費用や内容が違うことが特徴です。

自由診療のメリット

・自分に合った治療内容を選べる 【保険治療では受けれない治療も可能(フッ素塗布など)】

・時間が取れれば1日で終わる

自由診療のデメリット

・費用が高い 【5,000円~20,000円 歯科医院によって様々】

自分に合った治療を受けよう

確認事項保険治療も自由治療も一長一短です。目的は歯石除去ですので、自分にあった治療を選びましょう

個人的には、初めての歯石除去なら保険治療をおススメします。何も分からない状態で自由治療を受けると医者の勧めるがままに治療内容を決められてしまいがちです。治療が終わった後に高額の治療費を請求されるというケースも珍しくありません。

何度か保険治療を行って、歯石除去に慣れたのち、自由な治療を選んでいくのがいいかと思います。

 

まとめ

いかがでしたか?

歯石を発生させないようにするには『歯垢の状態で除去する』事が最も需要です。しかし歯石はほとんどの成人男性に存在し、何も治療せず放置している人ばかりなのが現状です。

口臭予防には歯石除去が欠かせないものになります。口臭に悩まれている方は、サプリメントを試す前に、一度歯石除去を行ってから他のケアに挑戦してみてはいかがでしょうか。

-口臭の原因
-

Copyright© クチノニオイ  , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.