口臭に悩む男性女性の為のサイト

口臭予防 食べ物や飲み物による口臭

飲み物による口臭対策が裏目に!?口臭に効くとされている飲み物の意外な落とし穴

投稿日:2018年6月26日 更新日:

Pocket

色々な飲み物普段から口臭ケアをしていても、料理の中に思わぬものが含まれていて困る事ってありますよね?

そういった時、ガムや飲み物で匂いを緩和させることが出来ます。特に特定の飲み物には細菌の繁殖を防ぐものや匂い成分を分解してくれるものもあり、不測の事態以外でも普段から飲むことで口臭対策になります。

しかし、それで安心しきってはダメなんです!!口臭対策の為の飲み物が裏目になって、逆に口臭が悪化する場合があります。

飲み物による口臭対策の落とし穴、さっそく見ていきましょう!!

飲む事で口臭対策になるワケ

たっぷりの水分飲み物を飲む事で口臭がある程度防げるには理由があります。

人の口の中には常に一定量の細菌が存在しており、成人の方で300~700種類の細菌が1000億以上も存在しています。その中に含まれる嫌気性細菌が口臭ガスを発生させてしまうのです。それらの細菌は乾燥を好み、タンパク質や糖質を餌にしてどんどん増殖していきますので、食事の際に発生した食べかすなどは細菌にとってごちそうになります。それらを洗い流すには水分を摂ることが適切なのです。

直接的に口腔内を掃除してくれる他に、大きな効果があります。それは唾液の量です。

唾液は最高の消臭剤と言われるほど浄化性能に優れています。唾液が正常に分泌している状態であれば口腔内の細菌の活動は抑制され、口臭ガスは発生しにくくなります。

人間の体は60%が水分です。しかしその割合は常に一定というわけではありません。唾液は体内の水分量によって大きく左右されてしまいますので、発汗や排泄などで失った水分は補給してあげる必要があります。

1日に失う水分量は約1.5ℓ程ですので、同量の水分を摂取するのが理想的だといえます。

関連記事唾液の知られざる口臭予防能力!!

 

口臭に効果があるとされる飲み物は?

本サイトの別記事でも紹介していますが、口臭に効果がある飲み物はあります。水分補給が大事だからといって水をガブガブ飲むのは意外に苦しいものです。どうせ飲むなら飲みやすくおいしいものがいいに決まっていますが、TPOを誤るとかえって逆効果になるものもあります。

緑茶

口臭に効果があると有名な緑茶。どこにでも売っていますし飲みやすいので便利ですね。

緑茶のメリット

緑茶には余分な成分が含まれておらず、ほぼ100%が水分ですので水分補給としては最適です。

また、茶葉に含まれるカテキンには抗菌・殺菌効果があり、口の中の細菌の動きを抑制してくれる働きがあります。他にもクロロフィルという葉緑素にもカテキンと同等の効果がある上に歯周病の改善や腸内の悪玉菌によって生成された悪性ガスを分解してくれる効果もあります。

緑茶のデメリット

緑茶 茶葉緑茶を飲む事で得られる効果は大きいのですが、飲む量や濃さ、また飲む人の体調によっては逆に口臭を悪化させる場合があります。一番の大きな理由は『カフェイン』によるものです。

コーヒーに含まれているイメージが強いかもしれませんが、緑茶にもカフェインが含まれています。濃さにもよりますが、同じ量のコーヒーの約半分のカフェインが緑茶に入っているのです。(コーヒー150mlに65g・緑茶150mlに30g)

カフェインには利尿作用があり、体内の水分の排出量を増やしてしまうのです。水分補給のつもりで緑茶を飲んだのに、逆に脱水症状のような状態になる場合も考えられます。

関連記事ドライマウスが口臭の原因になっている!?喉が渇いているだけと思っていたら大間違い!!

また、カフェインは自律神経に大きく作用し、交感神経を活発にします。唾液は副交感神経が働いている時に多く、またサラサラした唾液を生み出しますが、交感神経が働いている場合は口臭の原因となる粘着質のネバネバ唾液が分泌されます。

関連記事自律神経失調症と口臭の関係性

更に、緑茶に含まれるタンニンは鉄分の吸収を阻害してしまう効果もあります。体内にタンニンが多く残っていると、補給した鉄分が正しく吸収されず、鉄欠乏症貧血が引き起こされてしまうのにも注意が必要です。

緑茶の過剰摂取や極端に濃いものを飲むのは控えたほうがいいでしょう。

紅茶

紅茶にも口臭を防げるという情報があります。美容効果やダイエット効果もありますので女性の間で一時期流行っていましたが、メリット・デメリットがあるんです。

紅茶のメリット

紅茶にも緑茶同様に口腔内の細菌の活動を抑制するポリフェノールが含まれています。

関連記事紅茶で口臭対策。正しく飲んで口臭ゼロを目指そう!!

リンク記事にも記載していますが、紅茶には口臭以外にも美容効果やダイエット効果も期待できますので、女性にはぴったりの飲み物ですね♪

紅茶のデメリット

紅茶紅茶のデメリットも緑茶同様、カフェインの存在が大きく関係してきます。

利尿効果によるドライマウス状態に陥ると口臭対策どころか逆に口臭が悪化するでしょう。

また、紅茶を飲む際に余分な成分を加えがちです。ストレートティで飲む分にはメリットも十分期待できるのですが、砂糖やミルクを加えて飲む方が大勢います。細菌は糖質やタンパク質を好みますので、それらを加えて紅茶を飲んだ際、残留成分が舌や口腔内に残ってしまい細菌の増殖を手助けしてしまいます。

紅茶は飲むだけではなく、『紅茶うがい』でも口臭に対して効果は期待できます。

関連記事紅茶うがいのスゴイ効果!!飲むだけが紅茶じゃないんです。

緑茶や紅茶、ウーロン茶など、お茶全般に言えることですが、それらの持つ抗菌効果や抗酸化作用は口臭に対して大変効果的ですが、常にカフェインの過剰摂取のデメリットも付きまといます。適正な量・濃さを正しく理解することがポイントです。

牛乳

かなり前から噂されていますが、牛乳を飲むと匂いが抑えられるという情報があります。

牛乳のメリット

牛乳に含まれている『タンパク質』は胃の中に入ると、匂い成分と結合して臭いにおいの発生を抑える働きがあります。ニンニク料理を食べた時などには牛乳がおススメなのも納得です。

食前や食事中に飲むと、胃の内側に膜のようなものを張ってくれますので匂いが付着しにくくなりますし、食後でも早めに飲めたのであれば匂い成分が血液中に浸透してしまう前に、包み込んでくれます。

関連記事にんにくを食べてしまった時の口臭対策。何もしなければ翌日にもしっかり臭いは残ってます。

牛乳のデメリット

牛乳を飲む匂いが強い食べ物を食べた時に牛乳を飲むのは理に適っているとは思いますが、残念ながら牛乳による口臭対策はあくまでも『食品由来の口臭のみ』にしか効果は無いと思います。

唾液の減少によるドライマウスや、舌苔などによる『生理的口臭』には直接的に作用するどころか、マイナスの面もあるのです。

牛乳に含まれるタンパク質は匂い成分を抑える働きが確かにあると思われます。しかし、そのタンパク質は先ほど述べたように細菌の大好物なのも忘れてはいけません。胃の中からの匂いは防げたのに、口腔内から嫌~な匂いを発生させてしまっては元も子もありません。

飲む量やタイミングを間違えれば、食べた食品の匂いと混じって強烈な口臭を生み出す可能性もあります。

なたまめ茶

今では色々な種類のなたまめ茶がドラッグストアなどで販売されているほど、様々な企業が商品化しています。

なたまめ茶のメリット

なたまめは免疫改善作用抗炎症作用に優れているマメ科の植物です。

歯周病にも効果があるとの事で、なたまめ歯磨きも販売されています。内臓の不調も整えてくれますので、腎臓のろ過機能を高めて血圧やむくみにも効果があるといわれています。

更に、なたまめ茶はカフェインレスです。上記で述べたようにカフェインは過剰に摂取すると様々な症状が表れてしまいますが、なたまめ茶ならお子様にも飲ませやすく、家族全員で摂取することが出来ます。

関連記事なた豆って口臭に効果あるの?

なたまめ茶のデメリット

少しビックリするかもしれませんが、なたまめにはがあります。

もちろん市販で販売されている製品はきちんと加熱処理されており、毒による副作用は出ないと安全確認されているものがほとんどです。しかし、中には海外製の粗悪品や豆の種類との相性で副作用が発生してしまう場合もありますので注意が必要です。

 

まとめ

注意が必要口臭に効くとされている3つの飲み物を紹介してみました。

確かにどれも口臭に効果的な一面はあるんですが、色々なデメリットも少なからず存在しています。口臭に対しての悩みが重度の方は余裕が無く、視野や思考が狭まりがちです。効果がある!!という一文だけで過剰に実践してしまって更に口臭が悪化してしまうケースは何としても防いで頂きたいのです。

どの飲み物も量やタイミングさえ間違わず、正しく飲めれば口臭予防になるものですので普段の口臭ケアの手助けのつもりで飲むのが一番いいのかもしれませんね♪

-口臭予防, 食べ物や飲み物による口臭
-

Copyright© クチノニオイ  , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.