口臭に悩む男性女性の為のサイト

口臭対策

ダイエット中の人は要注意!! 空腹時に口臭がするメカニズム。

投稿日:2018年6月8日 更新日:

Pocket

体重を計る夏に向けてダイエットに励んでいる方は大勢いると思いますが、無理はしていませんか?

辛いけど頑張ってる方、自分の為に努力を続けるのには頭が下がる思いですが、周りに迷惑はかけていませんか?特に思い当たる節の無い人はぜひ今回の記事を読んでいって下さい。

あなたが体重を減らしている間、口臭や体臭が増えているのかもしれませんよ。

 

ダイエットや食事制限で口臭が発生する!?

女性が口を気にしているダイエットや食事制限で口臭が発生するのか?

答えは『YES』です。もちろん健康的に無理なく続けていく分には発生はしませんが、効果が得られないと更に食事の量を減らしたり全く食べなかったりと無理する人はたくさんいます。でも無理すればする程あなたの体の中で自分では気づきにくい変化が起きているのです。

口臭や体臭は自覚症状が無い人もたくさんいます。ダイエット中は痩せることに夢中になるあまり、普段より他のことが疎かになりがちです。頑張って痩せようとしているのに口臭や体臭が増加するなんて最悪ですよね。

ダイエットや食事制限でなぜ口臭が発生してしまうのか、その理由は大きく分けて2つの理由があります。

唾液量の減少

唾液は誰しもが一定量分泌されている訳ではなく、生活習慣加齢により唾液分泌量は減少することもあります。ダイエット中に唾液が減る要因で一番大きなものは『咀嚼回数』です。体重を減らすのが目的ですので食べない選択肢をとってしまいがちですが、食事の量や回数が減ってしまうと必然的に『噛む回数』も減ってしまいます。唾液は口腔内の細菌を洗い流す効果がありますので、分泌量が減ってしまうことで細菌の量が増え、口臭を発生させることにつながります。

更に唾液の分泌量は自律神経によってコントロールされていますので、無理な食事制限による『ストレス』も影響しています。

関連記事唾液の知られざる口臭予防能力!!

関連記事悩みが多い...ストレスで口が匂ってくる事もあるんです。

ケトン体

無理なダイエットをすると体内にあるケトン体が働いてしまいます。ケトン体が作用している間は独特のツ~ンとした甘酸っぱい匂いを放ち、別名『ダイエット臭』や『ケトン臭』とも呼ばれています。ケトン体は体を動かす燃料の予備タンクを動かしている状態で、体からの緊急信号なのです。

関連記事糖質制限することによって発生する臭い。ケトン臭とは

もう少しケトン体について詳しく紹介していこうと思います。

 

ケトン体とは

エネルギーが無いと動けない人間が活動していくのにはエネルギーが必要です。主となるエネルギーは『ブドウ糖(グルコース)』で、人の生命維持に欠かせないエネルギー源です。1日何もしなくても約260gのブドウ糖を消費しておりそのうちの約半分が脳によって消費されています。ブドウ糖は摂取してから2時間~3時間ほどしか効果を得られない為、断続的に摂取していく必要があります。ブドウ糖は余剰に摂取した場合脂肪として蓄えられます。

このブドウ糖が足りなくなると体からSOSのサインとして脂肪を燃焼させる信号を送ります。その脂肪を燃焼させる時に肝臓ケトン体が生成され血液中に放出されます。つまりは糖質の不足によって発生するという事です。

通常、脳はケトン体によって生成されたエネルギーは使うことが出来ません。

無理なダイエットで集中力を欠いたり思考力が低下するのはそういう理由があったんですね。

 

ケトン臭はブレーキのサイン

ストップケトン臭急激な糖質制限で体の代謝が落ちている状態です。特に運動をあまりせず、食事量を減らすことで発生してしまいがちです。

少し前に話題になった『糖質制限ダイエット』は炭水化物以外のモノは食べてもいい!!という手軽さでブームになりましたが、そのデメリットはあまり紹介されていませんでした。

せっかく痩せて綺麗になったのに体や口が臭くなった...なんて事にならないように、食事制限と運動を適度に取り入れるダイエット法を学んでいきましょう♪

-口臭対策
-,

Copyright© クチノニオイ  , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.