口臭に悩む男性女性の為のサイト

口臭の原因

自律神経失調症と口臭の関係性

投稿日:2018年6月4日 更新日:

Pocket

自律神経口臭は歯磨き不足や食生活の悪さからだけではなく、意外なことが原因になっている場合もありとても厄介です。胃や腸が原因の場合や、糖尿病になっても口臭が発生するといわれています。

口臭に効く治療というものの種類が多く存在するのも考えられる原因が人それぞれ違うことが大きな理由の一つで、色々な方法を試すしかないのが現状です。

今回お伝えしたい内容は自律神経と口臭の関係性です。口臭というのは目に見えるものだけが原因になっている場合もありますが、精神的なものが原因になっていることも多々あり、非常に厄介な症状です。病気やケガと違い、精神的なことが原因の場合、自覚症状が感じにくいし治ったかどうかも分かりません。

自律神経失調症という病気も一度は耳にした事があると思われますが、人はストレスが許容範囲を超えると心身に異常をきたしその症状の一部として口臭を伴う場合があります。

何をしても口臭が治らない...という方は既に自律神経失調症なのかもしれませんよ。

 

自律神経とは

自律神経とは大きく分けて交感神経副交感神経の2つがあり自分の意思で制御が出来ない神経です。主に内臓や血管などの働きをコントロールしており、排便排尿・呼吸・発汗・心拍などがそれにあたります。これらはシーソーのように一方の神経が働いている時はもう一方の神経は働いておりません。

交感神経

興奮時は交感神経が働いている交感神経は主に活動の神経で、闘いと逃走の神経、昼の神経とも言われています。運動時や緊張時に活発に働き、アドレナリンを分泌し血圧や呼吸も高まります。車でいうところのアクセルのようなものです。

 

副交感神経

リラックス時は副交感神経が働いている交感神経とは逆に心身を落ち着かせる働きがあります。食事中や睡眠中がその状態で、呼吸や脈拍も穏やかになります。これは車でいうところのブレーキにあたる神経で、体をメンテナンスしてくれている状態です。

 

 

交感神経と副交感神経がバランスよく作用することで人間は生命を維持できています。しかし、様々な要因によってバランスは崩れてしまい体調を悪化させてしまうことにつながってしまいます。

 

自律神経が乱れると

神経の乱れ自律神経が乱れると、様々な症状が表れます。

不眠・冷え性・口臭下痢・便秘・頻尿・多汗症・頭痛・動悸・過食・食欲不振・集中力の欠如

ざっと書いてもこれだけの症状が自律神経の乱れで表れてきます。

どうして自律神経は乱れるの?

自律神経の乱れは現代では多く起こり得ます。

理性と本能のズレ

自律神経をコントロールしている脳の視床下部には理性をつかさどる大脳皮質と感情や本能をつかさどる大脳辺緑系があり、本能が理性によって抑え込まれていると2つの神経にひずみが生じます。やりたくないけど仕事だから...といった状態が分かりやすい状態です。

交感神経が働き続ける

悩みや不安が多く、本来なら副交感神経が働く食事中や睡眠中までも交感神経が働いてしまう場合があります。人間関係などによってストレスを感じている人は常に体が休めていない状態という事になります。

1日のリズムバランスの狂い

人間の体は基本的には昼間の活発に活動している時は交感神経が、には副交感神経が働くように出来ています。夜更かしなどで昼夜のリズムが狂うと自律神経に混乱をきたしてしまい、体調に変化が表れてくる場合があります。

今の時代は情報も多く、人間関係も複雑で24時間いつでも様々な仕事やサービスが休みなく提供されています。これらが自律神経失調症の患者を生み出す原因になっているのだと考えられます。

 

自律神経失調症と口臭の関係

毎日の生活でストレスを感じると交感神経と副交感神経のバランスが崩れることが分かってきたと思います。

ここでは自律神経の乱れが口臭につながる要因をまとめていきたいと思います。

唾液量

口腔内に口臭の元である食べかすや、その食べかすで増殖した細菌がいる場合、本来は唾液がある程度洗い流してくれます。唾液は1日を通して分泌量が変化しており、交感神経が働いている状態は唾液の分泌量が少なくネバネバした口腔内になります。反対に副交感神経が働いている場合はサラサラの唾液が大量に分泌されていますので、自律神経のバランスが崩れると唾液の量の減少につながってきます。

関連記事唾液の知られざる口臭予防能力!!

ストレスと口臭の悪循環

鶏が先か卵が先か という話になりますが、ストレスと口臭は最悪のスパイラルを生み出してしまいます。口臭がすると人と話しをするときに必ず不安と緊張が発生します。それがまたストレスとなり唾液を減少させ更に口臭を増やすという悪循環に陥りがちです。

関連記事悩みが多い・・・ストレスで口が匂ってくる事もあるんです。

 

まずは精神的なことから変えていこう

楽しい気分で気持ちを切り替える口臭の予防は手順が大事です。悪い土壌に作物を植えても十分に育たず枯れ果ててしまいます。

自律神経失調症は体に色々な症状を色々な箇所から発生させてしまいますが、症状の表れた箇所専門の病院に行っても満足な答えが返ってきません。胃が痛くなったからといって胃腸科の病院に行っても異常が無いと言われるでしょう。具合が悪いからといって色々な専門医にかかっても解決が図れない事も多々あります。

ある程度口臭予防を試したけれど治らない という方は精神科に通うことをお勧めします。口腔内や歯など、歯科的に異常が見られない場合、精神面から派生した臓器系の症状が原因の場合があり、サプリメントや過剰な歯磨き舌磨きで更に症状が悪化しているケースもあります。逆に歯科的に多少の異常が口腔内に見られても自律神経などの精神面が正常だと治療の効果はすぐに表れますし、再発も少ない傾向にあります。

様々な方法を試した方も、もしかしたらストレスが原因なのかも と疑ってみたらどうでしょうか。

-口臭の原因
-

Copyright© クチノニオイ  , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.