口臭に悩む男性女性の為のサイト

口臭対策

朝の口臭を何とかしたい!!寝起きの口臭対策まとめ

投稿日:2018年5月28日 更新日:

Pocket

目覚め 朝起きてすぐ

朝の口臭がヤバすぎる!!!

朝起きた時に自分の口の匂いに幻滅する時はありますか?一人ならまだしも隣に彼氏や彼女、旦那や奥さんが寝ていたらあなたの口の匂いで嫌~な寝覚めになるかもしれません。逆もまた然り、昨晩まで大好きだった相手の口からむわぁっと嫌な匂いがしてきたら最悪ですよね。朝の口臭は『モーニングブレス』といわれており、普段あまり口臭がしない人でも匂う程、1日の中で一番匂うタイミングといわれています。

前日の夜にしっかり歯磨きをし、普段から口臭ケアをしているのに朝はやっぱり匂ってる...朝の口臭は防げないんだ...と思い込んでいる人は勘違いしているだけです。朝の口臭は治ります!!

映画やドラマでよくあるような、一緒に寝ていたカップルが寝起きでいきなりキスをするようなシーンは現実でも可能ですよ♪

 

朝の口臭が強い原因

朝の口臭の原因はある程度はっきりしていますが、細かく書くとかなりの量になりますので、今回は主な原因だけを紹介していきます。

朝の口臭原因 ①唾液量

水分量唾液は1日に1ℓ~1.5ℓ生成されていますがずっと一定量が分泌されている訳ではなく、大量に分泌されている時もあれば、極端に減少する時もあります。唾液分泌量が一番少ないのは睡眠中で、寝ている間に口腔内は細菌が活発に動ける環境になってしまいがちです。口臭は細菌によって作られています。人の口のなかには数千億の細菌が存在しており、食べかすや細胞のタンパク質を分解する時にガスが発生します。細菌は酸素の多く含んでいる唾液が苦手で、普段なら唾液によって細菌の動きは抑制されてある程度は匂いの発生しない状態にあるのですが、口腔内が乾燥状態になると唾液が気化してしまい細菌が活発に働ける環境になってしまいます。

関連記事ドライマウスが口臭の原因になっている!?喉が渇いているだけと思っていたら大間違い!!

朝の口臭原因 ②歯磨き不足

歯ブラシ 歯磨き細菌が寝ている時に活発に活動するという事は、細菌の餌となる食べかすが舌や歯の間にあったらどうなるでしょう。細菌の数は元々の細菌数を元に右肩上がりで増殖していきますので、寝る前の細菌数が多ければ多いほど朝起きた時の口臭はひどいものになります。ちゃんと寝る前に歯磨きしているのに臭いよ?と思う方はしっかり磨けていない証拠です。舌ブラシやデンタルフロスもしっかり使用し、5分以上磨けば口腔内の残留物はほぼ無くなります。

朝の口臭原因 ③口呼吸

①唾液量 とも重なりますが、口呼吸の人は口腔内が乾燥してしまいますので同じく細菌が活発に動ける環境となっています。当然、口が空いているので唾液も余計に溜まりにくく、細菌からするとのまさに天国のような環境になっています。

 

朝の口臭対策はやっぱりこれ!!

歯磨き!!


口臭は歯磨きで予防口臭対策の基本は歯磨き
です。私のサイトでも色々な口臭予防や対策法を勧めていますが、基本的には毎日しっかり歯磨きが出来ている方に、より口臭対策の効果が得られるもの と考えてください。口腔内の細菌の増殖力はすさまじいもので、歯磨きをしてから24時間後には元通りといわれています。出来れば毎食後に歯磨きをする事が望ましいとは思いますが、最低限1日2回、朝と夜は欠かさないようにしましょう。正しい歯磨きは口腔内を清潔に保つ最も効果的な方法です。

他にも朝食をしっかり摂ることで、唾液の分泌が促され同じく口腔内の細菌が増殖しにくい環境になります。朝食を摂るタイミングですが、可能な限り歯磨き後に食べたほうが更に効果的です。唾液は食事後に最も分泌されますので、食後に歯磨きをすると分泌された唾液を洗い流してしまうことになります。

 

まとめ

寝起きの口臭というのは誰しもあるものです。しかしその匂いの強弱は歴然で、ケアをしっかりしている人としていない人とでは大きく変わってきます。口臭というのはパートナーでも指摘しにくく、自分ではあまり気づきにくいものです。あまりにもキツイ口臭であれば、もしかすると病気のケースも考えられますので、一度相手に確認してみてはいかがですか?

-口臭対策
-

Copyright© クチノニオイ  , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.