口臭に悩む男性女性の為のサイト

口臭対策

口臭を直すには善玉菌を増やして悪玉菌を減らせばいい

投稿日:2018年5月16日 更新日:

Pocket

たくさんの菌 善玉菌や悪玉菌

口臭対策の秘訣は菌にあった!!

身体に悪さをする悪玉菌

何をやっても口臭が消えないと悩んでいる人は体の中に原因があるかもしれません。

体に対して良い働きをする菌を『善玉菌』、悪い働きをする菌を『悪玉菌』、どちらでもない菌を『日和見菌』といい、誰しもがすべての菌を体内に宿しています。口の中以外にも喉や胃、そして腸内などにも菌は存在していますが、これらの菌の量が口臭に多大な影響を及ぼしているのです!!善玉菌が悪玉菌より多ければ問題ありませんが、悪玉菌の量が多くなると腸や胃は汚れ悪臭を放ち、血中内に入れば体中を駆け巡って全身に及びます。

色々な口臭対策を試している人も、悪玉菌が多い状態で試しても効果は得られません。基礎がぐらぐらな状態で豪華な建物を建ててもすぐに崩壊してしまいます。最初に取り組むべきは体内からなのです!!

 

菌には種類がある!!

菌は大きく分けて3種類あります。

善玉菌

乳酸菌やビフィズス菌があり、悪玉菌の増殖を抑える働きがあります。

悪玉菌

大腸菌やウェルシュ菌など、有害物質を生み出す菌です。発がん性物質を作ってしまう働きがあります。

日和見菌

善玉菌でも悪玉菌でもない菌。この菌は体内の形勢を見て多いほうにつく性質を持っています。善玉菌が多い時は問題ありませんが悪玉菌が多い場合は日和見菌も悪玉菌になってしまいます。健康な人で善玉菌15%悪玉菌10%日和見菌75%で形成されているといわれています。

体内の菌バランスが崩れ、日和見菌が悪玉菌についてしまったら体内の菌はほとんど悪玉菌になってしまうので要注意です。

 

悪玉菌と口臭の関係

悪玉菌が増えると口臭がする原因をまとめていきましょう。食事をすると食べ物は口腔内から胃、そして腸へと移動しますがそれぞれの器官には菌が存在します。

口腔内

口の中には2000億もの細菌が存在していますが、悪玉菌が増えると口腔内の環境が悪くなり舌苔(ぜったい)や歯周病や虫歯を引き起こすことにつながります。

胃は食物を消化する器官ですが、悪玉菌が増えてしまうと胃は従来の働きが出来なくなり、消化不良を起こしてしまいます。すると胃や腸に腐敗物が蓄積され、異臭を放つとともに更なる悪玉菌の増殖を促してしまいます。

関連記事胃が悪い!?食べた物の匂いがする原因はどこからきている?

腸内

腸内には栄養を吸収する絨毛(じゅうもう)が存在し、健康的な腸はふかふかのじゅうたんのようになっています。絨毛が多いと栄養を吸収する表面積が増えるので運ばれてきた食物を無駄なく吸収できますが、悪玉菌が増えるとこの絨毛が薄く弱まってしまうのです。つまり消化不良になり、腸内で腐敗した老廃物になっていしまいます。

関連記事便秘の人は口からうんこのような臭いが...便臭がする原因

他にも肝臓や膵臓にも消化の手助けをする働きがありますが、これらの器官に悪玉菌が増えてしまうことも消化不良を促してしまうことにつながっていきます。悪玉菌は一度増えるとどんどん増殖していきますので、放っておくと口臭だけではなく他の重大な疾患にもなり得ますので注意が必要です。

 

善玉菌を増やして悪玉菌を減らそう

善玉菌は悪玉菌の増殖を抑える働きがありますので、善玉菌が多くなればなるほど体内では悪玉菌が出来にくい状態という事になります。善玉菌を増やす方法で一番効果的なのはやはり食事です。善玉菌が多く含まれる食べ物を口にする事で体内の菌バランスを整えましょう。善玉菌の代表的なもの3つ、乳酸菌・オリゴ糖・食物繊維が多く含まれる食べ物を紹介していきたいと思います。

善玉菌が多く含まれる食べ物

乳酸菌

ヨーグルト・ナチュラルチーズ(加熱処理されていないチーズ)・ぬか漬け・味噌・キムチ・納豆・醤油・塩麹

オリゴ糖

はちみつ・ごぼう・玉ねぎ・大豆・きな粉・リンゴ・バナナ

食物繊維

穀物・芋類・豆類・干しシイタケ・海藻類・きのこ類

こうして見てみると『和食』に多く含まれていることが分かります。現代の日本は食の欧米化が進んでいますが、昔ながらの日本食は玄米や白米に加えて納豆や漬物、味噌などの発酵食品をバランスよく摂取できていました。世界的に和食が健康食として広まっていったのも当然のことだったんだと実感できますね。

食べ過ぎには注意!!

善玉菌を多く含んでいる食品が分かったからといって、やたらと食べては逆効果になるものもあります。

例えば『ヨーグルト』。乳酸菌やビフィズス菌が多く含まれていますが、乳製品なので動物性脂肪も多く含まれています。動物性脂肪はコレステロール値を上げることにつながりますので摂りすぎるとかえって悪玉菌を増やすことにもなりかねます。

気になる摂取量の目安ですが、ヨーグルトでいえば1日100g~200g、1個から2個食べるといいでしょう。しかし乳酸菌やビフィズス菌は熱や酸に弱く、生きて腸内に届くのはごく少数です。仮にヨーグルトだけで1日に必要な乳酸菌を摂取しようとすると100個ほど食べないといけません。購入する場合は一般的なヨーグルトではなく、特定保健用食品などの善玉菌がなるべく生きたまま届くヨーグルトを選びましょう

関連記事ヨーグルトの口臭予防効果の審議!!食べると口臭が消えた!?真似して口臭がキツくなる場合もあるんです!!

 

健康は一日でならず!!

時間は砂のように流れているいくら歯磨きをしても口臭が治らない・・・と悩んでいた人も腸内環境を整えることで口臭がピタッと無くなることはよくある事です。しかしながら善玉菌が多く含まれている食べ物を食べたからといって次の日に効果が表れることはありません。毎日の食生活を見直し、1日にうち1食だけでも食べたいものではなく『健康的な食事』に変えてみませんか?

食事に加えて善玉菌が多く含まれているサプリメントもお勧めです。

選ぶ際には、

・続けやすいこと

・効果が実感できること

・デメリットが少ないこと

を基準に選んでいきましょう♪

-口臭対策
-,

Copyright© クチノニオイ  , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.